So-net無料ブログ作成

Talk Talk / Such A Shame [音楽(80年代)]

前回、プラシーボと言うバンドがカヴァーしている
Life's What You Make It”を取り上げましたが、
本家のトーク・トークは日本ではあまり知られていませんね。

元々は、ニューロマンティクスの系統のエレポップバンドで、
デュラン・デュランなんかと同じアイドル的な扱いでした。


Talk Talk / Such A Shame(Song)



この“Such A Shame”は2枚目のアルバム『It's My Life』からのシングル。
とてもキャッチーなメロディーのセンスの良さが際立ってますな。

この頃のトーク・トークの曲風はアコースティックな音とシンセサウンドの融合で
ティアーズ・フォー・フィアーズの初期に似た感じでした。
ワタシは動物の鳴き声のようなシンセ音が好きでしたね。
また、ちょっと変なMVも印象的でした。

ボーカルのマーク・ホリスは童顔のイケメンでしたが、
キャッチーさを捨てたバンドの方向性と共に大きく変化していき、
後半ではサングラス姿が多かったと思います。




It's My Life

It's My Life

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI Import
  • 発売日: 2012/04/02
  • メディア: CD
VERY BEST OF -16TR-

VERY BEST OF -16TR-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMI
  • 発売日: 1997/01/24
  • メディア: CD
Triple Album Collection

Triple Album Collection

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/01/12
  • メディア: CD


スポンサードリンク


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。